消費カロリーの計算方法とダイエットへの活用 食事編③

ダイエットを始める時の重要なものとして摂取カロリー計算やPFCバランスの計算、トレーニングと多々あるのですが、

【消費カロリーの計算】も重要な要素の一つです。

この記事では消費カロリーの役割について解説し、計算方法までをご紹介致します!

この記事の人物

NSCA CSCS所持(ストレングスコンディションニングコーチ)→米国のアスリートトレーナーライセンス

・現在中目黒にて、パーソナルトレーニングジムを運営している。

・独立以前の会社では、女性専門パーソナルジムの店舗責任者として、芸能人やアイドル、YouTuberなどを担当していた。

・大会入賞経験もあり、日頃から効率の良いトレーニング方法を模索しクライアントさんへ伝えている。

 

 

【目次】

消費カロリーについて

①消費カロリーってなに?

②消費カロリーの役割

③消費カロリーの計算方法

④消費カロリーのダイエットへの活用

 

 

①消費カロリーってなに?

消費カロリー=1日に運動や食事などの人体活動で消費した全てのエネルギーのこと。
なので、その日24時間で身体が必要としたエネルギーとも言い換える事が出来ます。

まずは消費カロリーの理解、計算がしっかり出来ていないと摂取カロリーの設定が出来ないためとても重要です。

 

②消費カロリーの役割

体内でエネルギーが作られなければ、人は生きるための活動が出来ません。

運動や仕事にはもちろん、食べることにすらエネルギーは必要となります。

さらには、ダイエットに必須な代謝との関係も無視できません。

代謝=人体の同化・異化(体脂肪や筋肉、糖分の合成・分解)。
これを活発に行うと痩せやすく、いわゆる代謝が良い状態となる。

逆に代謝の悪い状態だと、代謝の良い人と同じ運動を行っても痩せるのが遅くなる。

基礎代謝→1日中横になっている時でも消費する絶対的カロリー

活動代謝その日の運動や仕事などの活動量で変化してくるカロリ

ここでポイント!
基礎代謝+活動代謝=消費カロリー

 

③消費カロリーの計算方法

では、計算方法について簡単に解説します。

と言いたい所ですが、毎回紙に書いて電卓を使って計算は面倒かと思いますので、入力したら自動的に計算をしてくれるサイトを添付しておきます。()

(面倒な事は文明の力を使いましょう笑)

https://motivated.jp/modules/calo/

消費カロリー計算サイト

 

④消費カロリー計算をダイエットへ活用するには?

では最後に、自分の消費カロリーがわかったらどのようにダイエットへ活用するのか見ていきましょう!

まずは、上記のサイトで消費カロリーが2500kcal(仮に男性する)と出たとします。

1日で体から失われるカロリーが2500kcalということなので、摂取カロリー(食べる量)をそれ以下にすれば基本的には痩せます。

他にも色々な考え方がありますが、とりあえずカロリー制限が原点かつ確実に痩せる方法です。

よって1日の摂取カロリーを2000kcal〜2200kcalに設定すればマイナスにした分(→300kcal500kcal)のカロリーだけ痩せていくわけです。

ダイエットは単純に考えてください^ ^

このように朝昼夜の計算をなるべく誤差のないよう食べることも重要です。

細かく計算するのが面倒くさい場合は、設定カロリーよりも100kcalくらい少なく食べておくと失敗しませんよ(^^)

今回はこの辺で終わりたいと思います!

消費カロリーを上手に活用しながらダイエットに取り組みましょう!!!

 

BODY MAKE GYM月映え NSCA CSCSトレーナー室井靖成

東京都目黒区東山1-11-7にて営業しております。中目黒・池尻大橋近辺で通いやすいジムを目指し、短時間かつ良心的なお値段でダイエット&ボディメイクをご提供する事をモットーとしています。

ご興味のある方は
tukibaegym@gmail.comまたは下記の公式lineまでご連絡ください(^^)